クラウドファンディングのメリットだけでなく、デメリットも紹介します。

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングの仕組み

「クラウドファンディング」とは、日本では2000年頃に用いられるようになった比較的新しい資金調達方法です。
オンラインサービスの“クラウド(cloud)”と同一視されがちですが、クラウドファンディングは群衆を意味する「crowd」が語源となっています。

 

法人・個人どちらも利用可能で、プロジェクト単位でも資金の支援が可能なことから、アイデアはあっても銀行融資の厳しい審査に通らなかった企業にとって、プロダクトの生産を実現するための画期的なサービスとなりました。

 

リターンのあるクラウドファンディング

クラウドファンディングの中でも、特に利用しやすいものが「リターンのある」クラウドファンディングです。
「融資型」「購入型」のクラウドファンディングがこちらのカテゴリに当てはまります。

 

特に「購入型」では出資の対価として商品を提供できるクラウドファンディングとなっており、大手メーカーでは作れないような「ニッチなプロダクト」を少数ロットで制作することが可能になるため、ビジネスに関心がない個人相手でもWIN-WINの関係が築くことができると人気のシステムになっています。

 

リターンのないクラウドファンディング

もう一方は、商品や金銭などのリターンを求めない「寄付型」です。
こちらのクラウドファンディングでは難病の支援や過疎化している地域の学校修繕費などという形でお金を募集することが多くなっています。

 

利用者に大きなリターンを生み出すクラウドファンディングではありませんが、団体からお礼の手紙や写真を贈ることで感謝を示すことができるので、利用者は自分のお金が誰かに貢献したことを実感できる素晴らしいサービスになっています。

 

活用のメリット・デメリットは?

クラウドファンディングのメリットとデメリットを解説

クラウドファンディングは、利用者にも事業主にも利点があるとして、様々なサービスが用意されています。
しかし、いい面もある一方で悪い面も指摘されているのも事実です。
しっかりとメリット・デメリットを確認した上での利用を心がけましょう。

 

これまでより安心度の高い資金調達に

クラウドファンディングは、経営者にとって気持ちの面で少し安心のサービスだと言えます。
先ほど紹介したように出資の返礼品は必ず現金でないと行けないものではなく、商品やサービスの提供でも可能です。
銀行融資が受けられずに燻っているプロジェクトを動かすにはもってこいの資金調達方法だと言えるでしょう。

 

募る資金にはデメリットも有る

一方で心配点は資金が集まらない可能性もあるということです。
特に購入型のクラウドファンディングを利用する場合、プロダクトの魅力が出資者に伝わらなければ資金調達は困難を極めるでしょう。
最悪の場合、資金が集まりきらずに企画が頓挫、中途半端に返金を行わなければいけないリスクも兼ね備えています。

 

新時代の資金調達を有効的に活用する

クラウドファンディングには相応のリスクがありますが、メリットも大きい資金調達方法です。
併せてSNSを活用することで会社にとっても高い宣伝効果を得ることが出来ます。
プロダクトに絶対の自信がある企業様は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

TOPへ